ロブログ

Windows関連のことを中心につづっていけたらとは思っている。

USBジェスチャータッチパッドを使ってみた

先日、ドスパラでこちらの商品

www.dospara.co.jp

を購入しました。ジェスチャー操作がかなり便利ですが、3千円という手頃な価格で購入できるので、ぜひおすすめしたい商品となっています。

 

Windowsにおけるジェスチャー操作って使いものになるの?

商品の前に、そもそもWindowsタッチパッドにおけるジェスチャー操作は使い物になるのか?結論から言うと、「使いものになる(但しWindows10 Ver.1703 Creators Update以降搭載に限る)」です!

Ver.1703より前のWin10でも3本指までは使えました。

Windows 10のツボ(1):Windows 10の新しい「タッチパッドジェスチャー」を使いこなす - ITmedia PC USER

Ver.1703では、これに4本指のジェスチャーに対応し、よりmacOSライクなジェスチャー操作が可能になりました!

f:id:robo_robo:20170709164538p:plain

もちろん、高精度タッチパネルを搭載のマシンに限ります。

※上記はOS標準の機能です。しかし、タッチパッド関連はメーカーが自由に設定できる(ソフトウェアをプリインするなど)ため、高精度タッチパネルを搭載していても、上記のジェスチャーが利用できるかはメーカーや端末次第です。Surfaceはもちろん利用可です。

 

ちなみに…タッチパネルで操作してるよって場合は仮想タッチパッドがおすすめ

タッチ対応している場合、Win10 Ver.1703では仮想タッチパッドが使えるので、ジェスチャー操作が使えます。

snow-white.cocolog-nifty.com

私が持っているタブレット端末でも、時折仮想タッチパッドを利用しています。

仮想タッチパッドで利用できるジェスチャー操作も4本指までとなっています。

 

商品について

では、上記のジェスチャ-操作を踏まえ、商品について説明します。

中身

f:id:robo_robo:20170701232754j:plain

USBケーブルが二本入っていました。わかりにくいですが、左側のケーブルはタッチパッド側の端子がL字型になっていたので、設置場所の都合を考えてのことでしょうか。また、中国語と英語の記載のある説明書があります。

 

f:id:robo_robo:20170701233118j:plain

タッチパッドの範囲は比較的広いです。

上の段のアイコンは、左から”ブラウザのホーム画面起動”、”BackSpace”、”左矢印”、”右矢印”、”Enter”となっています。

下の段のアイコンは、左から”左クリック”、”ホイールクリック”、”右クリック”をした状態にするものです。

例えば、左クリックのアイコンをタップすると次のようにランプが点灯し、左クリックした状態となります。

f:id:robo_robo:20170709183116j:plain

※PTPのランプはWin10で利用するときに点灯されるようです。Win7では隣のPWRが点灯するそうです。

 

裏面にはジェスチャー操作の解説があります。(中国語と英語ですが)

f:id:robo_robo:20170709181359j:plain

 

使い心地

私が使っているPCはMFV LIFEBOOK AH77/Cです。一度OSをクリーンインストールしてます。表示はこんな感じ。

f:id:robo_robo:20170709203420j:plain

はい、何もないですね。

 

では、先ほどの商品をUSBケーブルを用いて接続してみます。

f:id:robo_robo:20170709164143p:plain

このように、きちんと設定項目が出てきています。

この商品は4本操作にまで対応しているため、現在のWin10に入っている操作方法すべてを網羅しています!

また、このタッチパッド表面も非常に滑らかジェスチャー操作しやすいです!

仮想デスクトップの切り替えが指四本のスワイプでできるので、この機能が非常に捗ります(Macでは昔からできましたがw)!仮想デスクトップの便利さがやっとわかったという気がしますw

 

気になるころ

  • 押し込みはできない

このタッチパッド、残念ながら一般的なタッチパッドのように、押し込むことはできません。普段からタップだけで操作している場合は、あまり抵抗なく扱えるかと思います。(左下に”クリックした状態”にするキーがありますが、使うには慣れが必要ですw) 

  • USBでの有線接続

USBケーブルを用いた有線接続ですので、多少はケーブルによるごちゃごちゃ感はぬぐえませんw(Bluetooth対応だと、大きくなりかねない、技適が…とかなるので仕方ないですね)

 

まとめ

なんといっても3千円という手軽さでジェスチャ操作が実現できますし、デスクトップPCでもジェスチャー操作が扱えるようになります。

ジェスチャー操作を使いたい、という方には非常におすすめの品だと思います!

Windows10 Creaters update で気になる箇所

数日前にWindows10の来年春のアップデートであるCreaters Update が発表されました。

講演中はPaint 3DやPeople Barなどの発表がメインでした。しかし、下記の紹介ムービーの中で気になるアップデート内容がちらちら写っていました。その中で得に個人的に気になったものを、スクショと共に紹介したいと思います。

※もちろん開発中の映像・スクショなので、今後のIPや製品版では変わる可能性があります。

 

 ⇒動画

youtu.be

 

f:id:robo_robo:20161029171210p:plain

 Windows DefenderのUWP版と思わしき画像が映っています。Ver1607でもアイコンはフラットデザインになっていました。とうとうアプリ自体もUWP化しそうな感じです。

定義の更新はストア経由になる可能性もありえるのだろうか…?

 

  • カラーの設定

f:id:robo_robo:20161029171238p:plain

上記のスクショを見る限りでは、カラーの設定がより柔軟にできるようです。右側にはカラムも増えていますね。(Feedback hubの右側のような奴?)

カテゴリが整理されるようですね。現行では「背景、色、ロック画面、テーマ、スタート、タスクバー」の6つの項目があります。しかし、スクショでは「テーマ、スタート、タスクバー、ロック画面、アクションセンター」の5個です。どうやら、「背景、色、テーマ」の三つが「テーマ」に統合されているようですね。これはもしかしたら後述の「テーマの購入」が影響しているのかもしれません。

また、アクションセンターが現在の「通知とアクション」から分離してこちらのカテゴリに移動にしているようです。アクションセンターについては後述しますが、設定項目が増えたことによる移動かもしれません。

タスクバーの項目には、”People Bar”の設定項目が増えているかもしれませんね。

 

  • テーマの購入

f:id:robo_robo:20161029171300p:plain

上記のストアですが、「パーソナリゼーション」のタブが登場しています。下段に注目すると、テーマと思わしきものが販売されています。Minecraft版は有料みたいですね。

テーマの設定と言えば、現在は

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/13768/desktop-themes-featured?ocid=w8_client_themes

のサイトからファイルをDLして、適用する方法が存在しています。現行のテーマの設定は、いつしかのIPでは”クラシック”と表記されていたので、ストアからDLする形に置き換えるつもりなのかもしれません。

 

  • アクションセンター

f:id:robo_robo:20161029171319p:plain

下部のクイックアクション部分が大きく変わっていますね。音量と画面の輝度をスライドバーで調節できるようになったみたいです。他にもon/offするものと設定ページに飛んだりするもので分離しているようですね。

上部も歯車マークがついたりと、何等かのへんこうがあるようです。

 

 

  • Edge

f:id:robo_robo:20161029171330p:plain

Edgeのタブプレビューに変更が加わっているようです。今よりも使いやすくなってそうですね。

 

  • Groove music maker

f:id:robo_robo:20161029171343p:plain

Groove music makerというものが追加されるようです。これも”クリエーター”を意識したものなのでしょうか。この調子でWindowsムービーメーカに代わるUWPアプリを作ってほしいものです。

 

以上、六つの項目を紹介しました。”クリエーター向け”や”3D”を押している”creaters update”ですが、OSの基本的な部分にも改良が加わっていることが分かり、とても期待したいと思えました。現行のIPでは上記のような大きな変更は未だ加わっていませんが、来週以降のIPでどんどん追加されていくのを期待したいと思います。

PCとモバイルのUWPアプリ対応状況

個人的なセレクションではありますが、2015年12月27日時点での、UWPアプリの対応状況を表にまとめてみます。

※思い出したアプリがあれば随時更新していきたいとは思います。

※2016/03/16に追記

※2016/03/20に追記

 

○→UWPに対応、△→Win8.1以前、×→ストアに存在しない 

 

アプリ名PCモバイル備考
SNS(公式)
Twitter  3/16頃にモバイル版もUWP化
Line  3/14頃にモバイル版もUWP化
Facebook  
Pinterest × ×  
Foursquare  
instagram × モバイル版は現在Beta版 
Swarm ×  
wunderlist  PC版は最近UWP版のBetaが取れました、モバイル版はまだ8.1ベース
クラウドサービス(公式)
OneDrive × PCはデスクトップ版のみ。現在ユニバーサル版を作ってるとか?
DropBox UWP化してました
Box  モバイル版もありました。
Googleドライブ × ×  
Evernote  
Pocket × ×  
その他(公式)
Amazon  
乗換NAVITIME  
NAVITIME ドライブサポーター  
Yahoo!乗換案内 ×  
Yahoo!地図 ×  
Yahoo!天気・災害 ×  
ジョルテ  機能が圧倒的に不足している。
MapFan  
ニュース・RSSリーダーサードパーティ製)
Nextgen Reader  
Feed Viewer  
Ninja News Reader  
Readiy ×  
my time line ×  
Latermark for Pocket  
Twitterサードパーティ製)
Aristea  
Mevy ×  
Flantter ×  
AeroPrism ×  
Tweet it! for Windows  
Fenice for Twitter  
Tweetium  
Aeries  
動画
Youtube × (モバイル版アプリはあるが、GoogleのせいでWebへのリンクとなる)
Netflix △? (サービス未加入につき、モバイル版は未確認)
Hulu ○? × 8.1版はDL化。UWP版は少なくとも日本ではDL不可
myTube!  
Hyper for YouTube × (PC版は8.1ベース?)
MetroTube  現時点(3/20)で確認できず

 

こうしてみると、アプリによって様々ですね。

意外だったのは、海外のTwitterクライアントでPCとモバイル両方に対応しているUWPアプリが多かったことですね。

あと、調べた限り、日本製アプリでUWPに対応しているアプリはありませんでした。Yahoo!は特にそう思います。

どちらかにしか対応していないものもあるので、今後は両方に対応されるようになって欲しいですね。

(Windowsフィードバックからみた)機内モードについての誤解

 

Windows10が公開されてはや5ヶ月、不満や問題点も多々あるかと思います。

 

Windows10に対して改善を希望するにはWindowsフィードバックアプリを利用するのが一番の近道です。少なくとも優先度が高まる可能性があります。

 日本のフィードバックは無法地帯というか、荒れ放題荒れてる印象も受けますが…

 

さて、あるときWindowsフィードバックで機内モードに対する投稿に疑問を持ちました。 

f:id:robo_robo:20151227182722p:plain

この画像は”機内”で検索した結果です。この中では

  1. 再起動などをした後、機内モードがONになっている
  2. 機内モードがONになっている状態でWi-FiBluetoothがONに出来る

主にこの二つがフィードバックにあげられています。

1番の機内モードが勝手にオンになるのはバグだと思われるので、早急に対処して欲しいところです。

 

問題は2番です。結論から言うと、”機内モードがONになっている状態でWi-FiBluetoothがONに出来る”ことは正常な動作です。

※当然ですが、機内モード中は携帯回線を用いた通信はオンにできません。

だのに意味が無い、ありえないなどというフィードバックがいくつか投稿してあります。誤解している方も少なからずいる、ということを示していると思われます。

 

そこで、機内モードについて考えてみたいと思います。

はじめに結論から言うと、機内モードはワイヤレス機能を一括でオフにする機能ではありますが、すべてのワイヤレス機能自体を使用不可にする機能ではありません

 

では、そもそも機内モードとはなんなのでしょうか?

AppleiPhoneのサイトでの説明を見てみましょう。

support.apple.com

 

機内モードとは”ワイヤレス機能をオフにし、航空安全基準に従って使用できる状態に”するモードとのことだそうです。そして、”航空会社で許可されている場合は、機内モードWi-Fi および Bluetooth を使用でき”ると書いてあります。

 

では、航空会社で許可される場合とはどういうことがあるのか?

それは、”機内Wi-Fi”といったサービスが提供されている機内です。

例えば、JALもこのようなサービス行っています。

JAL国際線 - 国際線機内インターネットサービス JAL SKY Wi-Fi

このサイトにも、利用方法には”機内モードをオンにした上でWi-Fiをオンにする”といったやり方が記載されています。

 

つまり、機内モードがオンの状態でWi-Fiをオンに出来ることは、航空会社で許可されている場合においては航空安全基準に従っている、ということが出来るので、仕様上問題ありません。むしろ”正常な”動作です。

 

機内モードについて誤解している方に少しでも役に立てば、と思います。

ですが、こういう記事を書いてて、フィードバックをする際には、ちゃんとそれが仕様なのかバグなのかを調べてから投稿したいと思いますね。

読んでくださり、ありがとうございます。

Windows10におけるキャプチャ方法

 

この記事では、Windows10を利用して、キャプチャ方法が改良されていると実感することが多々あります。そこで、キャプチャ方法についてまとめてみたいと思います。

※記事には既にWin8/8.1で実装済みのものを含みます。ご了承下さい。

 

Windows+PrintScreen

Windows8.xを使ったことのある方にはおなじみかもしれません。

Windows7までは、デスクトップ全体をキャプチャするのに、PrtScrボタンを利用し、いったんクリップボードへとコピーする、という形でした。そのため、保存するにはペイント等に張り付ける必要があります。

それが!Windows10(厳密には8以降)では、Win+PrtScrキーで勝手に保存してくれます。

保存先はピクチャフォルダ内に作られる、スクリーンショットというフォルダです。

f:id:robo_robo:20151130201448p:plain

連番が振られる形で保存されます。

 

Snipping Toolの改良

Snipping Tool自体は昔のWindowsから標準で搭載されていましたが、Windows10では使い勝手が向上しています。大きな変更点は、遅延時間を設定できることです。

f:id:robo_robo:20151130202436p:plain

通常は新規作成を押す時点のデスクトップ画面しかキャプチャできません。そのため、新規作成を押した瞬間に表示できないものはキャプチャできませんでした。(スタートメニューとかアクションセンターとか)

それが、この遅延設定のおかげで、新規作成ボタンを押して数秒の猶予があるため、スタートメニューのチャプチャができます!

f:id:robo_robo:20151130202732p:plain

例えば、この画像みたいにスタート画面とか。

 

Win+Hによる共有

Windows8/8.1で登場したチャームという機能がありました。その中に共有機能がありましたが、それがより改良された形で残っています。

まず、Windows8/8.1での共有機能はWindowsストアアプリ限定で利用でき、主にストアへのリンクかスクリーンショット、どちらを共有するか選べました。(ストアアプリを起動していない場合は、デスクトップのスクショ共有のみ)

Windows10では、ストアへのリンクが廃止された代わりに、すべてのアプリスクリーンショットの共有が可能です。(もちろんデスクトップも可能)

中でも、CortanaさんのWindowもWin+Hで共有できるのです。

f:id:robo_robo:20151130231103j:plain

ただ、このやり方の問題点は、”ローカルへの保存”には向かないことです。現時点でも、私は一旦Skitch touchに共有して保存しています。

(サービス終了しますけど…)

blog.evernote.com

現時点でのWindows10が共有時に”クリップボードへコピー”すら用意されていないのは問題です。なので、フィードバックを送りたいと思います。

 

ゲームバー

最後に紹介するのが、ゲームバーです。アプリのウインドウを保存するなら、これが一番実用的かもしれません。

ゲームバーの使い方は、アプリ上でWinキー+Gを押し、ゲームとして記憶させるだけ、です。ゲームバーと言う名前ですが、すべてのアプリで使えます(使えないアプリもあるかもしれませんが)

f:id:robo_robo:20151130231546p:plain

ゲームとして記憶させれば、あとはWin+Alt+PrtSrcでスクリーンショットが撮影できます。

保存先はPC>ビデオ>キャプチャ、です。 

 

以上、四つほど紹介しました。

 

 

Windows10におけるBluetoothキーボードの利用

 この記事は”Advent Calendar 2015”の9日目の記事です。

www.adventar.org

 

さて、今回はWindows10Mobileで利用するBluetoothキーボードについて触れていきたいと思います。

 

中身に入る前に…

Bluetoothを通じてキーボードを扱うには、HID(Human Interface Device)プロファイルが必要となってきますが、Windows PhoneがこのHIDプロファイルに対応した時期を振り返ってみましょう。

なんと!対応したのは今年に入ってからなんですよね。iOSBluetoothキーボードに対応したのは2010年6月のことです。他プラットフォームと比較して、遅いと言わざるを得ません。

Windowsなのにこれすら対応してなかったの?と意外に思う方もおられるかもしれません(この記事を見る方はもちろんご存知でしょうけど)が、HIDに対応したのはこんなにも最近の話なのです。

しかも、全ての端末がUpdate2が適用できるわけでありません。その場合はWindows 10 Mobileが適用されるまでお預けになります。

※国内で唯一のWP8のMADOSMAはUpdate2に対応したので、キーボードが使えます。


余談ですが、下記のような記事では Windows Phone
に対応してないことが強調されていました。

japanese.engadget.com

正直Windows Phone はWindowsという冠を持っているもの、似て非なるもの(ほめ言葉です!)なのだっというのが正直な印象でもありました。

 

実際の動作

さて、Lumia950を皮切りに、Windows Phone8.x改めてWindows 10 Mobile
に今後も移り変わっていきます。いろんな意味でだいぶ印象は変わりました。

BluetoothのキーボードはUpdate2で対応したとは言え、本当に簡易的な物でした。それが Windows 10 Mobileでは本格的に対応しているといえます。。

動作している様子を、いくつかスクリーンショットで撮影してみました。

まずは、MADOSMAでの様子。

 

f:id:robo_robo:20151209002050p:plain

画面下部に変換候補が出ています。文字入力の切り替えは、キーボードでは見当たりませんでした。

 

では次に、Window10Mobileを導入済みのLumia520です。

f:id:robo_robo:20151209005406p:plain

画面上部の通知領域に入力方式が表示されているのが分かります。

この画像では、英語になっています。キーボードの配列も英字キーボードに対応しています。また、 後述しますが、Win+Spaceで文字入力を切り替えることができます。

 

f:id:robo_robo:20151209005508p:plain

MADOSMA同様、画面下部に変換候補が出ていますね。また、こちらの画像では入力方式が日本語になっており、ひらがなモードになっています。これを半角/全角キーで切り替えることができます。

 

 f:id:robo_robo:20151209005752p:plain

そしてこちらが、日本語入力の半角英数モードになっています。なお、日本語入力のため、キーボードの配列は記号部分も日本語キーボードに対応しています。

 キーボードショートカット

次に、そのキーボードのショートカットの対応表を載せたいと思います。

 ※Windows 10 Mobile→10M、Windows Phone8.1→8.1とします。

  

Windowsキー

 組み合わせるキーpc版での役割10M8.1備考
-- スタート画面の切り替え (F2) 8.1ではF2がこの役割 
A アクションセンター ×  
B 通知領域にフォーカスを設定 × ×  
C Cortana(音声) ×   8.1ではF3がこの役割
D ウインドウを全て非表示にしてデスクトップ表示 × ×  
E エクスプローラーを開く ×  
H 共有チャームを出す × ×  
I 設定アプリを開く ×  
K 接続 ×  
L ロックしてロック画面の表示 ×  
M 全てのウインドウを最小化してデスクトップ × ×  
O 端末の向きを固定 ×  
P 表示 ×  
R ファイル名を指定して実行 × ×  
S Cortana(テキスト検索) (F3)  8.1ではF3がこの役割
T タスクバーのボタンを巡回 × ×  
U コンピュータの簡単操作センター × 10Mでは設定アプリの「簡単操作」が起動
V 通知を順番の切り替える × ×  
X コンテキストメニュー × ×  
Z (8.x以前のストアアプリで)アプリバーの開閉 × ×  
数字 数字に対応するタスクバー上のアプリを起動する × ×  
Space 入力方式の切り替え ×  
Tab タスクビューのオンオフ ×  
, ウインドウを一時的に透明にする × ×  
+/- 大鏡(拡大/縮小) × ×  
Pause システムを開く × 10Mでは設定アプリの「バージョン」が起動
Esc 大鏡を閉じる × ×  
PrintScreen スクリーンショットの撮影 ×  
Enter ナレータのオンオフ ×  
Shift+/ Windowsフィードバックアプリの起動 ×  

※ウインドウを操作するコマンド(矢印を用いる)は全て動かなかったため、省略。
※仮想デスクトップに関するコマンドも同様

 

Ctrlキー

組み合わせるキーPC版での役割108.1備考
C コピー ×  
X 切り取り ×  
V 張り付け  
Z 元に戻す ×  
A すべて選択 ×  
Y やり直す ×  

  

Alt

組み合わせるキーPC版での役割108.1備考
Tab アプリの切り替え ×  
F4 アプリの終了 ×  

 

日本語入力時

キーPC版での役割10 8.1備考 
半角/全角 入力方式が日本語の時の切り替え × 日本語キーボード選択時のみ動作
Shift+矢印 文字の選択 ×  
F7 全角カナ × ×  文字の選択時
F8 半角カナ ×  文字の選択時
F9 全角英数 × ×  文字の選択時
F10 半角英数 × ×  文字の選択時

※文字入力が英語の場合、キー配列が英字キーボードになるが、日本語の場合は日本語キーボードのキー配列が有効になる。 

 

Windows Phone8.1では、単にナビゲーションボタンと文字入力を必要最低限対応させただけでしたが、Windows 10 Mobileでは数多くのショートカットがPCと同じキー操作ができます。これは大きな進捗だと思います。日本語のキー配列が使えるのはiOSよりも嬉しい。

 

Windows 10 Mobileの売りであるContinuumのキーボード操作に一抹の不安がありましたが、これだけ対応してくれていれば、問題ないでしょう。(個人的にはWin+Hも使えるようになってほしい。。)

 

あと、Windows 10 Mobileではマウスでの操作にも対応しています。一切タッチせずに操作することも不可能ではない、ということになりますねw

f:id:robo_robo:20151209010754p:plain

 

Windows PhoneのBluetoothキーボード対応になるのを心待ちにしていましたが、こうして叶って何よりだと思います。

今回の記事は以上です。

 

明日は @sady_nitro さんです。

Windows10のタスクビューボタン

大した記事ではないですが、少し気になったので記事にします。

Windows10で追加されたタブレットモードですが、デフォルトでは次の画面のようにボタンが四つ並んでいます。左から、スタートボタン、バックボタン、検索ボタン、タスクビューボタン。 

f:id:robo_robo:20150814001620p:plain

これ、タッチだけで使う場合はボタン四つもいらないんですよね。

Windows Phoneでのタスクビュー画面に遷移にするには、バックボタンの長押しでした。この方法、上記のタブレットモードでのバックボタンでも有効なんですよね。

そのため、タッチで使うには四つ目のタスクビューボタンは必要なさそうです。

 

消す方法は簡単。

非デスクトップモードの状態でタスクバーを右クリック(もしくはロングタップ)をし、”「タスクビュー」ボタンを表示”のチェックを解除するだけです。

 

この状態でタブレットモードにすると…

f:id:robo_robo:20150815155959p:plain

タスクビューボタンが消えてしまいます。少しスッキリしましたね。

 

次はタスクビューボタンの有無による違いですが、アプリ一個分はスペースが確保できそうですね。

f:id:robo_robo:20150815160118p:plain

f:id:robo_robo:20150815160129p:plain

アプリ一つ分は確保できそうですね。

※検索ボタンの非表示はできないです。

 

簡単でしたが、こんな感じですね。将来的にはWindows Phoneみたいに戻るボタン、スタートボタン、検索ボタンで並んでくれたらいいんですが。