ロブログ

Windows関連のことを中心につづっていけたらとは思っている。

Edgeのデフォルト検索プロバイダを変更する方法

Windows10になり、デフォルトのブラウザはEdgeとなりました。

7/8.1からアップデートした際にも強制的にEdgeになるようで、Mozillaの人が苦言を呈していましたね。

www.itmedia.co.jp

Edgeのシェアを少しでも高めようという方針なのかもしれませんね。

デフォルトブラウザにすることに対しては苦言を呈するほどか?とは思いますが(既存ブラウザの設定が消えるわけではあるまいし)、デフォルトアプリの変え方はもう少し片方がいいかもしれませんね。

(積極的にFeedbackしましょう!!)

 

さて、前置きが長くなりましたが、このEdge、デフォルト検索プロバイダの変更方法も少々クセがあります。

 

  1. まず、アドレスバーに検索プロバイダ(ここではgoogle.co.jp)を打ち込みEnter
  2. 設定の詳細設定の表示を選択

    f:id:robo_robo:20150801212127p:plain

  3. プルダウンメニューから<新規追加>を選択
  4. 項目の中から目的の検索プロバイダを選び、「規定に追加」を選択

    f:id:robo_robo:20150801212456p:plain

 

 

以上です。規定に追加後は指定したものが既定の検索プロバイダへとなります。

それにしても、このやり方はなんか面倒ですね…。どういう条件で候補に現れるのか分かりませんが、自分の環境では”yahoo.co.jp”は指定できませんでした。困ったものです。

 

Edgeはまだまだ未完成なところがあります。積極的にフィードバックをしていきたいと思います。

デスクトップとタブレットの操作を両立したUWA

Windows8.xでは、キーボード/マウスとタッチで同じ操作ができるようなUIになっていました。(チャームメニューやアプリバー)

しかしこのキーボード/マウスとタッチの操作は相反するもの。Windows8.xでは批判が大きかったようです。

 

そこでWindows10ではその反省点を活かしてか、二つの操作体系に分離しています。通常のデスクトップではキーボード/マウスで操作ができ、タブレットモードにすることでタッチに特化した操作ができます。

Windows10で登場したユニバーサルWindowsアプリも、この二つの操作体系に対応しています。 例として、設定アプリの画像を載せ見てます。

 

デスクトップ

f:id:robo_robo:20150801132138p:plain

 

タブレットモード

f:id:robo_robo:20150801132254p:plain

 

タブレットモードの大きな特徴としては、デスクトップアプリも含めたアプリが強制全画面となります。それに伴いタイトルバーが非表示になっています。

また、タスクバーにバックボタンが存在しています。これはWindows Phoneにも搭載されているボタンであり、足並みをそろえたというところでしょうか。

 

さて、この設定アプリのようなWindows10にはこの二つの操作体系に対応している”ユニバーサルWindowsアプリ(以下、UWA)”についてですが、、

 

このUWAタブレットモードであればバックボタンが既にありますので、アプリ内に用意する必要はありません。

しかし、通常のデスクトップではバックボタンなど存在していませんでしたので、どこかに設置する必要がありました。

 

そこで、このUWAでは二つの操作体系において、上手く両立させることができる解決策を実装しています。

それが、次の画像のようなタイトルバー上にバックボタンを設置する方法です。

 

f:id:robo_robo:20150801132920p:plain

 

デスクトップで表示した設定のアプリですが、左上にバックボタンがあります。

 

デスクトップで操作する際には左上のバックボタン。タブレットモードで操作する際にはタスクバー上のバックボタン。アプリ内部に影響を与えず、また、操作時にバックボタンを存在させるということもなく、上手く両立できていると思います。

 

アプリに設置する必要がなく、場所も統一できますので、アプリ開発者にとっても利用者にとっても都合が良いような気がします。

 

現状ではまだまだこのバックボタンの仕組みには純正アプリなどしか対応していませんが、このUWAが普及すると、便利になりそうです。

MADOSMAの公式Twitterクライアントの通知の問題が解決した件

MADOSMAが発売され、はや一週間が経ちます。

WP固有の問題はさておき、特に不満点は無かったのですが、一つ、大きな問題がありました。それは、公式Twitterクライアントからの通知が来ないことでした。

 

下記のように通知をオンにしているのに、プッシュ通知が働かない!!

f:id:robo_robo:20150626005814p:plain

僕以外の方でも同様の問題が発生していたようです。

 

それが解決しましたので、忘備録も兼ねて解決方法をまとめてみます。

なお、参考に下サイトはこちらです。

wmpoweruser.com

 

1.公式Twitterアプリから、各アカウントをログアウトさせて下さい。

※設定の画面でアカウント名を長押し、メニューから「削除」を選択してください。

2.Twitterクライアントのアンインストールをして下さい。

3.PCなどのブラウザ上で、対象のアカウントのTwitterのページを開いてください。右上のユーザーアイコンのメニューから「設定」を選び、左側のリストから「アプリ連携」の項目を選びます。その中で、下記のようなTwitter for Windows Phoneを探し出し、許可を取り消してください。

f:id:robo_robo:20150626005648p:plain

(僕は、普段公式クライアントにログインしている全てのクライアントで許可を取り消しました。複数アカウントを所持しているなら、面倒かもしれませんが全てのアカウントで許可を取り消すべきかもしれません。)

4.Twitterクライアントを再インストールし、アカウントを設定しなおしてください。もちろんプッシュ通知は許可で!

(このとき、最初にログインしたアカウントでPeopleハブへの連携が始まりますが、僕は念のため更新が100%になり完了するまで見届けました。また、ここで連携するアカウントは、Windows8.1とかで連携しているアカウントと異なっていても問題ないようです)

 

そしたら後は通知が来るのを待つだけ。

暫く放置したら、久々に通知が届きました!!!!

f:id:robo_robo:20150626011005j:plain

 また、WindowsPhone8.1は一旦通知が来ないと、「通知+アクション」の項目に現れないようですね。通知が来た直後、無事Twitterの項目が表示されました。

f:id:robo_robo:20150626011123p:plain

 

公式Twitterクライアント、Windows10では作り直してほしい。そう思いたいですね。。

 

なお、公式クライアント意外に通知が来てマルチアカウント対応のクライアントとして、Aristeaがあります。こちらはどこかの公式クライアントと違ってちゃんとしたユニバーサルアプリになっているので、Windows8.1版とアカウントを共有してくれるので便利です。

www.windowsphone.com

おすすめです。

四年という歳月を経て…

どうも、お久しぶりです。ロボです。

最近はご無沙汰してますブログですが、久々の投稿です。

さて、来る6/18日、四年ぶりに Windows Phone が日本国内で発売されます!!

前日ということもあり、様々な記事が書かれています。


私とWindows Phoneを少し語ってみます。

私がWindows Phoneとであったのは約二年半前でしょうか。2012年の下半期だった気がします。

当時はまだスマートフォンというカテゴリに馴染めていなかった気がします。そんな中でLumia920はビビっと来たというか、欲しいと思いましたね。
Windows PhoneのUIやデザインはまさに僕好みでした。

というのも、2011年秋に公開されたWindows Developer Preview(8の開発者向けプレビュー)から使い続けていて、その頃は既にModernUI(当時はMetroUI)が好きでした。

だからWindows Phoneを見て、iPhoneのUIよりもこれが好きだ!と思いました。

ですが知った時には既にWP7.Xが8.0に上げれないことはわかっていたので、IS12Tは買わずに待つことにしました。(今考えると買ってても良かったかもしれませんね…こんなにかかるとは思わなかった!)

それから2013年末、こらえきれずにlumia520を購入。そして昨年は今更のIS12Tと年末にLumia535を買いました。

ですがやはり、海外のLumiaを羨ましく眺め、こっそりと輸入したLumiaを使いつつ、日本で合法的に使えるWindows Phoneが出ないことをどれだけ憂いたことでしょうか。

ですがそれも今日まで!明日からは合法的に使える端末が目の前にあるのです!!!

ーー


きっと僕のツイートを漁ると、日本MSに対する批判や文句が出てくることでしょう…ごめんなさい。

MADOSMAが出るに当たり、分かったこと。それは日本で過去数年間端末が出なかったのは"Microsoftが原因である"と言うこと。端末メーカーなどを絞ったところに問題があるのでしょう。

"iPhoneの代わりにはなれないのにiPhoneを目指した"ってところでしょうか。Microsoftの失敗した戦略によって、国内のWindows Phone好きの方々は苦しめられたのです。。

8.1になった際に緩和されたことでやっと開発に乗り出せたようで、マウスコンピュータ社たちが乗り出してくれました。

明日受け取ることができるのだろうか…?

楽しみに来て待ちたいとおもいます。


スマートフォン王国でもMADOSMA特集があるならぜひ聞きたいですね。

続:windows10(Technology Preview)のアプリバーについて考えてみる

この記事は以前書いたこちらの記事

robo-robo.hatenablog.com

の続きに当たります。

 

余談ですが、Windows10でWindowsストアアプリ(以下Windowsアプリ)の開発環境が徐々に見えてきています。

英語ですが、こちら。

Guide to Windows universal apps (Preliminary)

フォロワーさんの記事を拝借させて頂くと、こちら。

DDLG: Windows 10 UAP お勉強メモ

とりあえず、詳細は今月末のBuild2015で語られるだろうと思うので、必見です。

この時期からアプリ開発を始めようと思う方は、8.1までのユニバーサルアプリにするのか、10の詳細を待つか、微妙な時期となってしまいましたね。

(8.1のユニバーサルアプリを10のユニバーサルアプリに移植するのは難しいとの声も??)

 

さて、本題に入りましょう。

今回のテーマはアプリバーです。(Windows10ではアプリコマンドと呼ぶのが正しいのだろうか?)

 

前回の記事で「タッチ操作でのアプリバーの出し方は二度手間になる?」との見出しで紹介しました、Windows10で8/8.1のストアアプリを起動するのは二度手間になります。

Windows8/8.1では下からスワイプでアプリバーを出します。しかし、Windows10ではデスクトップアプリのように全画面ではなくウインドウ形式です。そのため下からスワイプで表示させることができません。

f:id:robo_robo:20141116102105p:plain

少し前の画像になりますが、左上のハンバーガーメニューから出す必要があります。

これに対し、WindowsPhoneは次のようになっていました。

f:id:robo_robo:20141116102218p:plain

既に最初から三点バーが表示されているわけです。

また、アプリバーの挙動も、Phoneと8/8.1のWindowsアプリでは動作が異なっていました。

 

結局はPhoneとの統合も、デスクトップ上で起動することも考えていなかったわけですよね。

先を見据えて居なかったのは明らかであり、明らかにMicrosoftの方針の失敗だと考えています。

WindowsPhoneの方が先でありながら、Windowsストアアプリはそれに従わず”下からスワイプ”という手法を取り、かつ将来的にデスクトップでの起動とPhoneとの融合を見据えて居なかった。これは明らかに設計ミスではないでしょうか?

 

 

とまあ、不満はこれまでにしておいて、Windows10ではきちんと改善しています。

下記の二つのスクリーンショットを比較して下さい。

f:id:robo_robo:20150415011408j:plain

これがPC版

 

f:id:robo_robo:20150415011533p:plain

これがPhone版。

 ほぼそっくりなUIですね。

複雑なアプリは分かりませんが、単純なアプリであれば、PC版とPhone版でほぼ同じUIになりそうです。

そして、アプリバーも共に若干形を変えながら共通かされるようです。

f:id:robo_robo:20150415011603p:plain

 

f:id:robo_robo:20150415011611p:plain

今までのPhone版とも違うUIになっていますね。

PC版も同様の動きとなります。

 

まだ開発途中なのでどう変化するか分かりませんが、融合、統一されている感が伝わってきて一安心と言ったところです。

 

ですが、10では新しいUIがテンプレートとなり、一番苦労しているのは開発者でしょう。これ程大規模な変更は、10で最後にしてほしいものです。

Windows10で距離を寄せるスタート画面・メニュー

スマートフォン向けWindows 10のTechnical Previewが日本時間では今日の早い時間帯に公開されたようでした.

自分が所有しているLumia535と520は対象端末ではありませんでした.早く対応してもらいたいものです.

あと,記事によってはWindows10 for Phoneと呼ばれたりWindows 10 Mobileと呼ばれたりするもので,統一してほしいもんです.

 

さて,本題ですが,PC向けのWindows10とスマホ向けのWindows10のスタートメニューを見比べると,まだまだ未完成な箇所が多いですが,徐々に距離が近づいていることが分かります.

名称訳が面倒なので,スマホ向けWindows10をスマホ版,PC向けWindows10をPC版,と呼ぶことにします.

スマートフォン→PC

多くはWindows Phoneでお馴染みだったものが,PCでも採用された,というところです.その一部を書いてみます.なお,多くは次の記事に書かれていました.*現在は会員登録(無料)が必要


新しいWindows 10 Technical Previewはどこが変わったのか? - Windows Phone由来のスタート画面とアクションセンター:ITpro

アプリ一覧

PC版では左側,スマホ版では右側にあるアプリ一覧について.画像はpc版


f:id:robo_robo:20150213235621j:image

Build9926に搭載されたスタートメニューでは,かつてのバージョンやWindows7の時のようにフォルダやアプリがただ並んでいるのではなく,先頭の文字によってグループ分けされて並んでいます.

スマホ版ではその先頭の文字をタップすると,文字だけが並んだ縮小ができるのですが,PC版ではできません.これは今後改善されていくでしょう.

ただ,スマホ版にも言えることですが,漢字で始まるアプリを"漢字"というグループで分けるのは問題だと思います.

Windows8.1では漢字でも読み仮名をもとにちゃんとグループ分けされていたわけですから,劣化していますね.

あと,今更フォルダがあっても邪魔なので,フォルダなしのオプションがあればいいものですが….

 

タイル

PC版ではスマホ版と同様に縦スクロールしていく形になっています.なお,スマホ版にはないグループ分けがあります.スマホ版には別のグループ分け機能があります.別々にするのか,統一するのか,これは気になるところです.

しかし,PC版でもスマホ版のような、ある程度自由な配置ができるようになったのは,Win8/8.1で強制整列されていたと気よりかは,自由度が高まったとも言えます.

なお,あまり指摘をされている印象がないのですが,PC版のタイルをタッチで長押しすると,次のようになります.

f:id:robo_robo:20150213234913j:image

WPを使っていた人なら,おそらく見たことがあるであろうピン止めのマークがあります.これは明らかにWPから輸入されたものです.

 

アクセサリ

突然ですが,次の画像を見てください.

f:id:robo_robo:20150213234933j:image

これはInsiderのページの画像ですが,タイルの色に注目です.

タイルの背景色がオレンジだったPeople,紫だった設定,これらが全て同じ色に統一されています.

つまり,これはWindows Phoneでおなじみだったアクセントカラーが,PC版にもやってくる,という考えでいいのではないかと思います.

現時点のBuildでは実装されていないので,将来的にこうなるとはっきり言えるわけではありません.

しかし,スマホ側と統合させる以上,スマホ版ではアクセントカラーをふんだんに使っている(半透明タイルを用いるには不可欠)のですから,当然アクセントカラーの要素は残す必要がある.(もしWindows8.1のような固定色なら,透明タイルの意味がないと思います:)

f:id:robo_robo:20150213235244j:image

ですから,PC側でアクセントカラーのようなものを導入してタイル毎の色を変えれるというのは、ごく自然な流れなのかもしれません.

(将来的には,PC側でもタブレットモードなどでは半透明がありえたりするのだろうか…?)

自分が主に気づいたのはこの三点です.今後どうなっていくのか,楽しみです.

 とりあえずはやくpreviewきてぇ!!

Windows10はWindows Updateでアップグレードできる?

先日,Windows10TP(en)を入れたWindowsタブレットを一旦Win8.1に戻しました.そこから再度Windows10TPを入れ直しました.

その際は,Windows Updateを用いてアップグレードしました.

具体的な流れは下記のサイトに載っています.


山市良のうぃんどうず日記(26):祝、Windows 7のWindows 10無償アップグレード! でも、古いPCで動くの? (1/2) - @IT

このサイトではWindows7で試してありましたが,Windows8.1でも同様でした・

同意したらWindows Updateでダウンロードして,いくつかの項目に答えていけばそのままアップグレード.非常に楽な気がしました.

 

それゆえに,意図的に誤って(同意しないとWindows Updateでダウンロードすることはありえないので)アップグレードしてしまった人もいるようですが.

製品版でも,Windows Updateを通じてのアップグレードがメインになると思われます.

一年間無償というのが,Windows Updateでダウンロードできるのが,なのか.それともダウンロードする権利が,なのか.疑問は残りますが.

 

思えばWindows8から8.1にする際はストアを通じて,でした.おそらく,この時点では将来的に”有償アップグレード”を考えていたのでしょう.MacOSXのように.

しかし,8.1の公開を始めた直後,AppleはOSの無償アップグレードを始めてしまいました.(だのに,一部のApple信者の方はMacOSXの無償アップグレードを受けて,MSが8→8.1の無償アップグレードを始めたって時系列がおかしい人がたまにいるんですよね)

Win8/8.1自体があまり人気でなかったことも加え,それから急速にOSを売る時代が終焉を迎えたような気がします.(とは言えMaxOSXの無償アップグレードは2013年からなのに,”OSの無償アップグレードなんて当然”ってドヤ顔する信者(ry)

 

Windows10も最初の一年間は無償アップグレードですが,期間が過ぎても今までのように高くは無いと思いますけどね.MS自身,OSを売る時代の終焉をきちんと理解しているはずです.今はOSで収益を得るのではなく,Win10を普及させて,次の収益のステージへと移動させることの方が重要でしょう.

 

個人的に,Windows10発売後一年は,新規インストール版を10$で売ってほしいな,とか思ってるところです.